日本女性の美の最高位

ミス日本とは?

ミス日本(Miss Japan)は、1950年(昭和25年)太平洋戦争終結直後に遡ります。中断を経て1967年(昭和42年)の復活後は美容研究団体の和田研究所によって毎年開催されている、日本のミス・コンテスト。日本国内に完結するコンテストであり、ミス・ユニバースやミス・インターナショナルなど世界大会を目指すコンテストとは異なる。

 

アジア救援公認団体、和田研究所との繋がり

太平洋戦争終結直後の日本は、衣・食・住の全てが不足しており、子供の多くが栄養失調だった。
それを救ったのはアメリカの「 アジア救援公認団体」(Licensed Agencies for Relief in Asia )。それらは団体の頭文字をつないで「LARA(ララ)物資」と呼ばれ、脱脂粉乳などの食料や衣類が多くの国民に支給され日本復興への大きな救いとなった。後に米国民に感謝を伝えるための女性親善使節を送ることになり、その選抜のために開催されたのが読売新聞主催の『ミス日本コンテスト』だった。
しかし、ミス日本コンテストはその後しばらく中断することになる。これを1967年に復活させたのは、痩身健康美容として和田式フィギュアリング法を提唱実践した和田静郎を代表とする和田研究所である。

 

日本女性の真の美しさ

ミス日本コンテストでは”日本らしい美しさ”を提唱している。

・美しさを磨く意欲がある女性
・成長する意欲がある女性
・社会に貢献する意志のある女性

これらの外見・内面・行動の3つの美を備えた「真の美しさ」を備えた人物を毎年輩出している。

まとめ

日本人らしいの「より美しい身のこなし」と「よりしなやかな感性」を磨きあげ
大会期間中は日本の伝統衣装でもある着物審査や日本の文化や政治・経済などより深い教養を磨くための特別研修を受講できるのが特徴です。ミス日本となり、日本中に、そして世界中に日本人としてあるべき姿や、日本の素晴らしさを発信していくチャンスでもありチャレンジする価値は充分あります!