繊維産業の振興と一宮の発展を願う祭典

ミス七夕とは?


愛知県一宮市で開催される「第58回おりもの感謝祭一宮七夕まつり」を華やかに彩るミス七夕、織物。
おりもの感謝祭一宮七夕まつりは、昭和31年、歴史と伝統を誇る一宮市民が中心となり、繊維の神様に感謝し更なる繊維産業の振興と一宮の発展を願って、織物に縁の深い牽牛・織姫に因んで始まった。

 

一宮七夕まつり

昭和31年に始まった一宮七夕まつりは、今では市民の夏の最大イベントとして恒例となり、その飾り付けの豪華さは、仙台、平塚の七夕まつりとならび日本の三大七夕まつりの一つとして称賛されるほどで、100万人を超える人出で賑わっている。

まとめ

日本三大七夕まつりをPRすべく地域活性化にも繋がるコンテスト。開催から50年と歴史も長くこうして伝統が受け継がれていることが素晴らしいですね!是非一度日本三大七夕まつりに愛知県一宮市に訪れてみてはいかがでしょうか?